うさぎのゆるゆるdiary

日常生活でちょっと気になるあれこれを調べて綴っていくブログ

行方不明になった宅配便と最近のご近所づきあい

f:id:usagi-on-the-moon:20190120210025j:image

向こう三軒両隣

ご近所さん付き合いの範囲を指すこの言葉

昔はお引っ越しの挨拶も

お隣さんと、向かいの三軒の方にしたそうですが

最近は知らない間にアパートの住人が変わることは珍しくありませんね。

 

私の父はいわゆる転勤族だったので

小さい頃はよく引越して

その度に、母がタオルや洗剤などの粗品を持って

ご近所に挨拶するのについて行ったのを思い出します。

 

私自身はそういうご近所づき合いが苦手で

今は地域の組とか班とかそういうグループに属さないアパートに住んでいます。

 

アパートの住人は時折変わるのですが

ここに住み始めてから、同じアパートの方がお引越しの挨拶に来られたのは

10年間で1度きり。

 

むしろご挨拶にきてもらった時は

珍しくて驚きました。

でもやっぱり挨拶してもらった時は嬉しい気分になったのを覚えています。

 

同じアパート

せめて顔を合わせたら挨拶くらいする方が安心ですよね。

 

そんなご近所さんの郵便物が間違って届いたら

みなさんはどう対処しますか?

 

誤配送された宅急便

私は楽天市場Amazonでよく買い物をします。

平日は仕事、休日は実家に帰ってしまうので家を留守にすることも多く

荷物の受け取りは大抵日時指定しています。

 

小さな荷物は

メール便やネコポスなど

不在でも受け取りが出来る方法を利用しているのですが

ポスト投函で受け取りする場合

間違って別の部屋の方に届いてしまうことがあるんですよね。

 

つい先日も

Rakutenで購入した荷物がどうやら別のお宅に届いてしまったようなのです。

今回は、ヤマト運輸のネコポスで届く荷物だったので

ヤマトさんから宅急便のお届けを知らせるメールがありました。

 

『明日お届けしますよ』

っていう予告メールと

当日の『ポスト投函が完了しましたよ』

っていうお知らせメール。

 

あー予定通り届いたんだなぁと思って楽しみに帰宅したのに

郵便受けにはそれらしき物が見当たりません。

 

購入したのは小さな物なので

封筒で届くはず。

 

もしかして・・・

間違って別のお宅へ行ったのでは?

 

皆さんなら、どのタイミングで問い合わせします?

すぐに問い合わせ?

それとも様子を見てから?

 

私はこういう時、すぐに行動を起こせない小心者です。

他のお宅へ届く⇨仕事から帰って気づいた他のお宅の人が宅配業者へ連絡⇨再配達される。

とちょっとした期待を持って1日だけ様子をみてみることにしました。

 

翌日

夕方になってもやっぱり荷物は届きません。

ヤマトさんからの連絡もありません。

 

もし荷物が見つからなかったら、諦めることになるのか?

なくなった荷物より、住所や名前など個人情報が

知らない誰かの元にあることの方が怖い気がしました。

 

宅配業者への問い合わせ

f:id:usagi-on-the-moon:20190120210420j:image

いろいろ考え、結局宅配業者へ連絡しました。

連絡先は、宅急便お届けメールに記載されていたので

書かれていた番号へ電話すると

『担当者へおつなぎします』

という自動音声のあと、しばらくのコール音

コール10回ごとに

『しばらくお待ちください』

とアナウンスが入るのですが、なかなか担当者に繋がりません。

 

問い合わせする人がたくさんいるってことなんだろうな。

 

そう思い、私だけじゃないんだ

と思うと、小心者の私もちょっと強気になりました。

 

やっと繋がった担当者の方は

事務的に淡々とこちらの住所や連絡先、メールに書かれていた伝票番号を聞くと

『ドライバーに確認して折り返します』

とのこと。

 

しばらくすると

ドライバーさんらしき人から連絡が。

『荷物って今どうなってますか?』

と、私の方が聞きたいことを尋ねられたことにちょっとイライラ。

『手元に届いていないんです』

と説明すると

『でも昨日確かにそちらのアパートへ行ったんで・・ないですか?』

とちょっと不機嫌そうなお兄さん。

こういう時って、まず第一声は「すみません」って言うものじゃないの?

と思いましたが、ぐっとこらえました。

お兄さんは面倒くさそうに

『確認してまた電話します』

と言って電話は切れました。

 

とりあえず、このアパートには来たようだから

どこか別の部屋に入ってしまったんだなあと思い

普段あまり顔を合わせることのない住人の方が良い人なことを願いました。

 

宅配便はその後

f:id:usagi-on-the-moon:20190120210637j:image

電話をした日の夕方

ゴトっと玄関の方から音がしたので見てみると

届くはずの封筒が郵便受けに。

急いで外へ出てみましたが、届けてくれた方の姿は見当たらず

宅配業者さんが見つけて再配達してくれたのか?

別のお部屋の方なのか?

結局誰が届けてくれたのかはわかりませんでした。

 

でも

封筒は開けられた様子もなく、キレイなままの状態で無事に手元に届きました。

 

その後

数時間経って、ドライバーさんから再度の連絡。

『別の部屋の方に聞いてみたんですけど、まだ見つからないんです』

と。

 

既に荷物は手元に届いていたので

ドライバーさんに事情を話して、一応お礼を言っておきました。

 

宅配便のお兄さんも、毎日たくさんの荷物を配達するので

大変なお仕事なのだとは思います。

人間ですもの、誰にだって間違いはあります。

でも

大切なのは、何かあった時の対応の仕方

態度なのだろうなぁと改めて思う出来事でした。

 

そして

届けてくれた住人の方にはこの場をお借りして

ありがとうございました。

 

 

Rakutenバレンタイン特集