うさぎのゆるゆるdiary

日常生活でちょっと気になるあれこれを調べて綴っていくブログ

【気になるニュース】スターバックスでビニール製ストロー廃止!?

本日のおやつは、知人からいただいた

スタバのドーナツとキャラメルフラペチーノ


f:id:usagi-on-the-moon:20180712170209j:image

食べながら、先日報道されたニュースが気になったので、今日はそのニュースについてお話ししようと思います。

 

スタバ  ビニール製のストロー廃止へ

アメリカシアトルで、ビニール製ストローやフォークの提供を禁止する条例が世界で初めて施行され、シアトルに本社を置くスターバックスでも、ビニール製のストローを廃止する方針だというニュースが報道されました

news.yahoo.co.jp


日本のスタバでも、2020年を目処にストローは廃止され、飲み口付きのカップに変更される予定。


使い捨てストローによる環境汚染に繋がっていて、ウミガメなどの海洋生物に影響を与えてしまうため、海洋生物保護や環境保護を目的にストロー廃止の方針を打ち出したのだそうですが、個人的にはこのストローが生活する上で重要なアイテムの一つなので、なくなったら困るなぁと思ってニュースを見ています。

 

 

ストローが必要な人もいる


私は、ある病気の影響で握力が普通の人よりありません。握力だけでなく手の動きそのものにも多少の後遺症があります。


なので、物を掴んだり、こういうスタバのカップのような物を持ったままでいることが今は少し難しいのです。
それは、マグカップでもおなじこと。
取っ手を掴んでいても、飲む時にはプルプルと手が震えてしまい、飲みにくさを感じます。

職場では、大切な書類などを飲み物をこぼして汚さないよう
ストローのない飲み物をコンビニで購入する時には、忘れずにレジでもらうようにしています。

 

このニュースが報道されるまで、当たり前のように使っていたストローが実は環境に悪影響を与えていることを知りませんでした。

知らなかった、というより意識していなかったと言うべきかな。

 

反応はさまざま

 

この発表があってから、世界中で賛否両論出ているようで、私のように障害があってストローを必要とする人たちが、ツイッターに投稿していたりします。

プラスチック製のストローの代わりに導入される飲み口付きのふたは、同じプラスチック製だそうで、ちょっと疑問に感じるところではありますが、蓋と比べストローは小さくてリサイクルできないことが問題で、年間何億本も出るストローゴミは確かに環境を汚染しているのかも知れません。

 

スタバでは、プラスチック製のストローに代わり、紙製のストローを導入することも計画されているので、必要な人は頼めば紙のストローがもらえるそうですが、使い心地はどうなのでしょう?

 

いずれ、マイ箸と同じようにマイストローを持ち歩かなければならない日が来るのかな?と思っています。