うさぎのゆるゆるdiary

日常生活でちょっと気になるあれこれを調べて綴っていくブログ

【サラリーマンの確定申告】医療費の確定申告ってどうするの?

f:id:usagi-on-the-moon:20190218172144j:image

確定申告が始まりましたね。

私の住んでいる町では、毎年市民会館の一室が申告会場になるらしく

なにかのイベントがある時のように人が集まっていました。

 

さて先日、副業の申告について少し書いてみましたが

今日は確定申告をする機会の少ないサラリーマンの方のために

医療費をたくさん支払った時の確定申告についてお話ししたいと思います。

 

医療費控除とは?

一般的なサラリーマン家庭の場合

一年間に支払った医療費の合計額が10万円を越えた時

(※年間所得が少ない方は、所得の5%を超えた時)

その越えた部分の金額を医療費控除として確定申告し、所得税の還付をしてもらうことができます。

 

f:id:usagi-on-the-moon:20190218172353p:image

 

ここでいう医療費の総額とは

病院での診療や治療、入院、手術、出産費用、薬代のほか

風邪薬や頭痛薬などドラッグストアーなどで市販の薬を購入した場合も含まれます。

ただし、市販薬の場合、病気の治療のための薬代は申告できますが

予防のための薬やサプリメントなどは含めることが出来ません。

 

また

病院への通院のため、電車やバスなどの公共交通機関を利用した場合は

その金額を交通費として医療費に含めて申告することが出来ます。

※タクシー代や車で通院した場合の駐車場代は含めることができません。

(緊急時や止むを得ず利用したタクシー代は領収書があれば認められることがあります)

 

 

医療費控除に必要なもの

医療費控除を受けるためには、確定申告する必要があります。

その際に必要になるのは

 

  •  源泉徴収票

(給与以外に所得がある場合は、その全てを申告する必要があります。)

  •  医療費明細書

      ※以前は確定申告を書面で提出する場合には、医療費の領収書を添付していましたが、

      昨年の申告から医療費明細書を作成することで領収書の添付はしなくても良いことになりました。

  •  マイナンバーのわかるもの
  •  本人確認書類(免許証など)
  •  口座番号のわかるもの(還付金の振込先)
  •  印鑑

 

<明細書作成のために用意するもの>

  • 医療費等の領収書
  • 健康保険や生命保険からの給付を受けた場合は、その金額のわかるもの

 

 ※医療費の領収書等は、必要な時に提示出来るよう

申告してから5年間は自宅保管する必要があります。

 

医療費明細書の様式は国税庁HPからダウンロードできます。↓  ↓

医療費集計フォームのダウンロード:平成30年分 確定申告特集

 

医療費を計算してみよう

f:id:usagi-on-the-moon:20190218172655j:image

サラリーマンの場合、既に年末調整で所得税の計算はされているので

医療費の計算さえできれば、確定申告は簡単です。

でもその医療費を算出するのが以外と面倒くさいんですよね。

 

まずは手元に1年間の医療費関係の領収書を用意しましょう。

同一生計であれば、ご夫婦やお子さんの医療費など

家族分をまとめて申告することができます。

 

申告書に添付する医療費の明細書は

病院ごとでも、月別でも、治療を受けた人ごとでも良いので

ご自身が一番まとめやすい方法で作成します。

 

 

医療費から除くもの

医療費を支払っても、請求書から除かなければならないものもあります。

  • 診断書などの文書代
  • 自己都合による差額ベッド代(個人都合で個室を利用した場合の個室利用料)
  • 診療に直接関係のない費用(病院から借りたタオルや寝具等)

以上のものが含まれている場合は請求書から除いて計算します。

 

また

高額療養費や生命保険会社からの給付金

出産の場合の出産育児一時金など

その医療費に関わる補てん金や助成金等が支払われた場合は

その金額を差し引きします。

 

医療費控除するとどのくらい還付されるのか?

医療費控除はあくまでも税金から控除されるもの

医療費そのものが還ってくるわけではありません。

 

 

これ、勘違いされている方が意外と多いんです。

年間10万円を超えたから、税金がたくさん戻ってくるかも?

なんて期待してしまうと、申告した後でがっかりされることもあります。

 

高額な医療費を払っている場合には

少しでも戻ってくれば良いかな?

くらいの気持ちで申告した方が良いかもしれませんね。

 

一例をあげると

例えば一般的なサラリーマン家庭で、税率10%の方が申告した場合

年間の医療費が15万円あったとすると

医療費控除の額は10万円を超えた5万円

その内の、税率10%分なのでせいぜい5千円程度です。

 

私が年間200万円の医療費を支払った年のことを記事にしていますので

気になる方はそちらもどうぞ

www.tsukiusa.work

確定申告書の作成

医療費の計算ができたらいよいよ申告書の作成。

作成は、国税庁のHP確定申告作成コーナーからできます。

共通トップ | 国税庁 確定申告書等作成コーナー

 

 

用意した書類から、数字を転記していくだけ。

e-tax又は書面提出なのですが

サラリーマンの方で、今年たまたま医療費が多かったような方は

 書面提出を選んで入力し、入力が終わったら

プリンターで打ち出して所管の税務署へ提出(持参又は郵送)するか

申告期間中は市役所などでも受け付けていることがありますので

確認してみましょう。

 

節税対策なら『ふるさと納税』がおすすめ

税金からの控除や還付、節税対策なら

やっぱり『ふるさと納税』が一番です。

なぜなら

医療費控除が、税金を計算する前の所得控除なのに対し

ふるさと納税は税額控除

つまり、計算された後の税金の額からダイレクトに差し引けるものなのです。

 

そして

医療費は総額から10万円を引かなけばならないのに対し

ふるさと納税では、年間2千円を超えた金額が控除対象です。

 

自治体の魅力ある返礼品がもらえて

税金からも控除される。

手続きも思っているより簡単なので

節税を考えている方にとってはおすすめですよ。

 

 

 

↓  ↓ ふるさと納税するなら楽天で ↓  ↓

楽天ふるさと納税ランキングはこちら

↓楽天ふるさと納税年間ランキング第2位

北海道産いくら定期便

 

楽天ふるさと納税についてはこちらの記事で

www.tsukiusa.work